最初から意地悪ばあさんはいない

人は縁によって、状況によってそれぞれの人に成っていくのだと思うのです。

あるお家のおばあさんですが、若い頃にご主人を亡くし、女手ひとつで子どもを育ててきました。
当然母親だけでなく父親の役割をしなければならず、がむしゃらに生きてきたようです

この前お参りに行った時に「本当は今のお母さんたちのように綺麗な洋服を着て化粧していたかったんだけど、できなかったんです。
そんなことをしている余裕がなかった。生活のために朝から晩まで働いてきたんですもの・・・・・でも子どもたちからすると男か女か分からないような身なりで・・・・子どもたちを叱り飛ばしてきましたから・・・・今となれば申し訳ない気がします」と仰られていました。

このおばあさんは好き好んで化粧っ気のない生き方をしてきたわけではなく、状況がその人をその人にしたのではないでしょうか。

同じように意地悪ばあさんも最初からいじわるだったわけではなく、そうしなければならない理由があったのでしょう。

日常生活の中では、つい表面的にしか人を見ませんが、ふとしたご縁でその人の背景を垣間見た時、そんなことを感じるのです。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM