自由とわがままのちがい

自由とわがまま、どちらもしたいことをすることでは共通なのですが、僕は大きな差異(ちがい)があると思っています。

言うまでもなく人は関係性を持って生きています。わがままはしたいことをただするだけなのです。
自由はその周りの人に対して「伝える」ということがあるように思います。

例えば「アメリカに行きたい」ということがあれば、わがままは勝手にすることをいいますが、自由はなぜ行きたいか、その気持ちを周りに伝えるのだと思うのです。

おもしろいものでやりたいことをやろうとすると、反対する人が現れるんですよね。状況的に危険だとか、経済的に大変だとか、いろんな理由をつけながら・・・・
でももし自身が周りの反対で止めるならば、初めからしたかったわけではないのでしょう。
そう思うと周りからの反対は自分の気持ちの確認でもあるのです。本当にしたいことやわかってほしいことは気持ちが途切れることがありません。

しかも不思議なことに相手に自分の気持ちが伝わると、一番反対していた人は逆に応援してくれます。
考えてみれば一番反対する人は親だったり家族だったりするわけですから・・・一言で言えば一番心配してくれる人なのです。

どちらかというと私自身は「できない理由」を百ほど並べ周りの責任にしていました。そんなことを百年していても変わりません。しかも自分が伝えることもしていなかったわけですから・・・

でも些細なことでも周りの協力のもとやりたいことができた時、一人では決して味わえないものがあります。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM