今月のことば

「責任転嫁したり愚痴を言ったりしてしまうのは  
現実が引き受けられないからである 」

ー勝光寺ホームページ・今月のことばよりー


僕には子どもが3人いますが、2番目の娘(3才)は上のお兄ちゃんにちょっかいを出したり、下の子をいじめたりと毎日忙しそうです。

その娘を見て教えられることがあるのですが、お兄ちゃんから怒られたり、嫌なことをされると、そのストレスはどこへ行くかというと、下の子にいってしまうのです。

つまり、決して強いお兄ちゃんにいかず、弱い妹の(出しやすい)ところに出てしまうのです。

実はこれは道理で、大人もそうなのです。つい子どもに言い過ぎてしまう時がありますがよくよく問い尋ねれば、子どもにあたってるだけということもあるのではないでしょうか。

いま社会問題になっているDV(ドメスティック・バイオレンス・配偶者の暴力)も社会の現実に耐えられないストレスを妻や子に暴力という形で発散しているだけなのです。

池田小学校のT被告も屁理屈をつけていますが、結局受容できないやり切れない思いを小さいいのちにぶつけただけなのです。

確かに現実は厳しくやりきれないことも多いのですが、できればそのエネルギーを自分を深めるチャンスにしたいものです。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM