不思議

先日年配の門徒さんが「若さんおるかー」と尋ねてこられました。

お聞きすると、奥さんとのケンカで教えられたことがあったというのです。
 「あることがきっかけで言い合いになり、今までのことや生活すべてにわたって徹底的に攻められ、それで傷ついて一日寝られなかった」
そうです。

それで「朝方思い知らせれたことは、過去に校長職に就き辞めてもなおそういう思いから離れていなかった自分がいた」

 「凡夫という言葉を聞いても頭で理解していていただけで、どこかで校長をしていた自分から離れなかった。妻の言葉を聞いて、いま凡夫とはほかならぬ私のことだと気づかされ、先ほど妻に謝ってきたところだ」と。

それを聞いて私は朝から感銘を受けたのですが、普通傷つけられた人に、謝るということは起きませんが、この年配の方は妻の言う通りだと逆に頭を下げたのです。

で、僕にお礼を言いに来られたのですが、逆に恐縮してしまったことです。

ただ聞いた感想として、佛教で言う「不思議」というのは手から鳩を出すような不思議ではなく、起きた現実を指すのではないかと思うのです。

つまり頭を下げたことがなかった人が仏法を通して心から奥さんに懴悔されたという事実こそ不思議というのだと思うのです。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM