ハンセン病問題

Q ハンセン病とはどんな病気ですか?

A ハンセン病とは、らい菌の感染によって起こる細菌感染症です。主に皮膚や筋肉に張りめぐらされた末梢神経などがおかされる病気で、感染力はごく弱いものです。臨床的に見ると感染者は、免疫異常の体質の人が乳幼児期に感染者と長期かつ濃厚に接触した場合がほとんどです。しかも衛生状態の改善により発病率も大幅に減少することもわかっています。
また一九四三(昭和一八)年に特効薬プロミンが開発されて以降ハンセン病は早期に治る病気になったことからも、まったく恐れる必要はありません。

 しかしながらハンセン病に対する差別と偏見はいまだ払拭されていないのが現状です。

 ハンセン病は古くからある病気ですが、歴史的に見ると、「らい」という記述は(明治以前は広く皮膚病も含まれる)最初『日本書紀』に見られます。また「今昔物語」「元亨釈書」(日本最初の仏教通史)「医談抄」(鎌倉時代の医学書)から一二世紀ごろには業病(悪業の報いでかかる難病)として考えられていたようです。また江戸時代には遺伝病だという迷信が定着し、多くの人は神社仏閣に身を寄せ周りと共存していました。

 その中で一八七三年、ノルウェーのハンセン博士の「らい菌」発見がハンセン病の歴史を大きく変えます。つまり、いままで遺伝病、業病、天刑病と思われていたものが、実は偏見であり迷信であることが証明されたからです。
 ところが日本において諸外国の体面から「らい予防法」を作り、恐ろしい伝染病として新たに国民に偏見を植え付け、長い間回復者を隔離し、今もお骨すら帰ることを許されない状況を作り出しました。

 その意味で、私たちはまず正しい情報を求め認識することが必要不可欠であることを思います。と同時に、誤った知識と偏見はいかに人を傷つけ差別していくかを私たちの歩みを検証しつつ学んでいくことが大切ではないでしょうか。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM