こんな子どもが欲しかった

数年前だったでしょうか、イチロー選手が当時日本人として初めて年棒5億円を超えた時、街頭インタビューであるご婦人が「あ〜こんな息子が欲しかった」としみじみ答えていました。

言われた息子さんは気分悪いでしょうが、私自身親の本音を垣間見たようで、とてもおかしかった記憶があります。

青木悦さん(教育関係のジャーナリスト)の本の中に「幻の子ども像」(東本願寺『子どもたちのいるところ』)というお話が載っているのですが、子育て真っ最中のお母さん方が集まって、日ごろの子どもに対して愚痴を集め、いったいどういう子どもならいいのか、どういう子どもならやさしい自分でいられるのか、それを集めたお話なのだそうです。

例えば朝起こしてもパッと起きない、起きてもボーとしていて動き出すまでに時間がかかる、という子どもさんなら一体どういう子どもならいいかといえば

「朝は起こされる前にさわやかに飛び起きる子」

になります。それでいいかというとまだあって、身支度が遅い子がいますが、すると

「自分で用意した清潔な衣服を順番間違えなくすみやかに身につけて」

となるのだそうです。そういう形でとにかく無意識に抱いている理想の子ども像を全部あげていくと

「朝から生野菜でも何でも好き嫌いなくもりもり食べて」

「自分の食べたお茶碗は自分で台所に運び『行ってきます』と元気よく飛び出して」

「近所の人に出会ったら、向こうから挨拶をされる前に『おはようございます』とさわやかに挨拶をして」

「学校に行ったら体調の良い日も悪い日も常に積極的にハキハキと」

「全教科まんべんなく関心を持ち、友達には優しく」

「しかも校庭のすみっこに咲く小さな花にも感動する心を持って」

最後は「テレビを見ないで早く寝る」のだそうです。

子どもと毎日格闘しているからついつい要求してしまうのですが、しかし指摘どおり、思っていることは無茶な話で、漫画みたいなことなのでしょう。

本の中では、みんなで「こんな子どもいる?」というのに対して「いるわけないよ。こんなの子どもじゃないよ」という結論になったそうです。

しかし青木さんいわく、親の視線を先取りして一生懸命いい子どもになろうとしている子どもさんがいるそうです。

ここまでいくと、本当に笑い事では済まされません。私たち親はよくよく自分を見つめないといけません。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM