「いのち」を看取って

◇死にざまを見せたい◇
身近な人を亡くすということは大変なことですが、同時に大事な時でもあります。そのことを私なりに実感したのが、当寺前住職、能邨(のむら)英士(えいし)(元宗務総長・二〇〇八年命終)を自坊で看取ったご縁をいただいてからです。前住職がガンだと分かったのが、亡くなる一ヶ月前でした。それまで普通に生活をされていたのですが、熱が出て息苦しいということで、かかりつけの病院に入院をしたのです。その時に肺を支えている周りの水からガンが見つかったということでした。病名は腺がんで、発病したら数ヶ月で体中に転移してしまう悪性のものでした。
本人にそのこと告知し、数日経った時でしょうか、「私はご本山のことばかりで、娘たちに何ひとつしてあげられなかった。せめて死にざまを娘たちに見せたい」と言われ、その言葉に驚いたことです。「死にざまを見せたい」ということは、何を見せたかったのか。少なくとも、人間にとって何が本当に大事なのかを伝えようとしたのではないかと思います。
『大無量寿経』に「見老病死 悟世非常(老病死を見て非常を悟る)」と説かれていますが、この場合に限定すれば、死にたくないけれど死んでいかなくてはならない「絶対現実」を見ることにおいて、始まるものがあることを示しています。釈尊の場合「老病死」を見ることを通して「悟世非常」、つまり自分の価値観が無力であることを悟られたのです。そして釈尊は、人として最も大切な真実を求め出家されたのですが、前住職も、娘たちに自分の死を通して、真実を尋ねてもらいたいと願われたように思うのです。

◇厳しいご催促◇
前住職は親しい仲間に「厳しいご催促や」と言われたようです。「ご催促」とは加賀地方の言葉で、年配の方が使われるのですが、阿弥陀さんからの促し(うなが)、呼びかけを意味します。つまり、身の上に起こった現実に対して「いま目覚めるときですよ」という意味で使われます。「厳しい」はいうまでもなく、自分の思いをこえて身に起こった事実を指すわけですが、前住職は生前「亡くなるならばガンで終えたい」と言われていました。それは身の回りを整理する時間もあり、周りの人にもお礼を言えるということだと思うのです。実際思い通りにガンにはなりましたが、ガンと分かって坂を転げ落ちるように体力がなくなり、何ひとつ整理することもできずに、そのまま命を終えられました。しなければならない仕事もたくさんあり、死ぬわけにはいかない人だったのですが、命を終えて逝かれました。まさに「死」は人間が決めることができない、死ぬ時すら自分で決められない存在であることを身をもって証明されたのです。
『白骨の御文』に「それ人間の浮生なる相をつらつら感ずるに」と言われているように、私たちは根無し草であり、縁によって振りまわされる存在です。自分の予定や都合に関係なく、待ったなしで現実はやってくることを「厳しいご催促」の言葉に見せられた思いです。

◇仏法は間違いなかった◇

前住職から「勇樹さん、若いころから聞いてきた仏法は間違いなかった。この身になってつくづくそう思う」と言われました。今でもその場面を思い出すのですが、とても感動したことを覚えています。物事がうまくいって間違いなかったと言っているのでありません。すべてを奪われて間違いなかったと言っているのです。ある日突然ガンと宣告され、余命一ヶ月。何ひとつすることままならない身体になって出てきた言葉は、愚痴や恨みではなく、仏法讃嘆でした。「仏法は間違いなかったぞ」と私に伝えてくださった言葉は、本当に力強く、これから私がどんな目にあっても、どん底に落ちても、ともしびとなるような言葉でした。なぜなら、たとえ道が見えなくても「間違いなかった」という人を知っているわけですから。そう思うと親鸞聖人の「念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう」「地獄は一定すみかぞかし」という言葉も、そういう言葉だったのかと前住職を通して感じることです。
 自坊に帰ってから数日ではありましたが、深く尊い時間を過ごしました。在宅とはいいもので、食事の前とかちょっとした時に顔を見に行くことができました。私の子どもたちも、それぞれおじいちゃんの所に行き、何かを話してきたようです。きっと私と同じようにいい時間を過ごしたのではないかと思っています。
最後にはご門徒や親戚、そして私たち家族にお礼とお別れを言って、次の日息を引き取られました。実に見事としか言いようのない最期でありました。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM