物事には必ず「因位(いんに)」がある

JUGEMテーマ:日記・一般

 
日常私たちは、言葉や行動でコミュニケーションをとっていますが、物事には必ず「因位(いんに)」があると思うのです。

「因位」とは「もと」「たね」という意味で、仏教用語なのですが、根っこを表す言葉なのです。

たとえば子供が悪態をついて暴れてるとします。

物事を表面だけ見ていたら「なんと悪い子だ」と思い、わが子であればしかることになります。

でも、もしかしたら根っこで子供は「寂しい」「つらい」ということを叫んでいるのかもしれません。

もし親がその子供の根っこ触れれば、接し方も変わるし、いい方向へ向かうのではないでしょうか。

しかしそのことが感じれないと、お互い表面的なところにとらわれてで行き違いになってしまうと思うのです。

親鸞という人もその根っこを大事にしています。

そこがとても好きですね。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM