物事には必ず「因位(いんに)」がある

JUGEMテーマ:日記・一般

 
日常私たちは、言葉や行動でコミュニケーションをとっていますが、物事には必ず「因位(いんに)」があると思うのです。

「因位」とは「もと」「たね」という意味で、仏教用語なのですが、根っこを表す言葉なのです。

たとえば子供が悪態をついて暴れてるとします。

物事を表面だけ見ていたら「なんと悪い子だ」と思い、わが子であればしかることになります。

でも、もしかしたら根っこで子供は「寂しい」「つらい」ということを叫んでいるのかもしれません。

もし親がその子供の根っこ触れれば、接し方も変わるし、いい方向へ向かうのではないでしょうか。

しかしそのことが感じれないと、お互い表面的なところにとらわれてで行き違いになってしまうと思うのです。

親鸞という人もその根っこを大事にしています。

そこがとても好きですね。


求道心は色んな形を持って現れる

安田先生の学舎が自宅で行われているときに、近くで若者がバイクで騒音を立て走り回ってたそうです。

すると先生は「求道心というと君らのように真面目に座って勉強をしている姿を想起させるが、実は騒音を立てている若者も君らと同じように求めているだよ」ということを仰られたそうです。

求道心とは文字通り「道を求める心」ですが「本当の自由を求める心、真実を求める心」を意味になります。

確かにそう指摘されると大なり小なりみんな何かを探しているように思います。

例えばお金ほしいということも、なぜお金がほしいのか?と突き詰めていくと、求めているものは「充足」であったり、「幸せ」であったり、何かを探している現われでないでしょうか。

『往生要集』に「幼い頃捨て子で本人は意識はないけれどその傷が深く染みわたっていて、その〈怨み〉のためにいつか貴重な人生をご馳走と侍女数百人はべらせて幻の楽しみで一生過ごす」というたとえ話がありましたが、一見人間の欲望追求にみえても、本人も気づかないところで、生きる意味を探しているのかもしれません。

そう思うと人間の危険な心にもいい心にも求道心は現れているのでしょう。

ただその本心にみんな気付かないだけで、気付くと自ずから人は変わっていくのではないでしょうか。

東本願寺の時間

おはようございます。
 今朝も宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌のテーマ「今、いのちがあなたを生きている」をご縁にお話をさせていただきます
。最終回は「居場所」です。

 今日の時代状況を思うとき、私は「居場所」ということを思うのです。ある識者の方が今の若者たちは居場所を探しているというのです。余りあるほど物が与えられ続けられて、生きている実感をもてないからだそうです。
 
 また子どもに関する痛ましい事件がいくつも起きていますが、居場所があれば事件にまで発展しなかったのではないか。愚痴でもいえる場所があればこんなことにならなかったのではないかと思うのです。そういう諸々の思いが居場所ということを思わせるのです。

 居場所とは「自分が自分でいられる場所」「自分が自分に帰れる場所」をいうのですが、ある意味親鸞聖人が明らかにされた浄土真宗は「本当の居場所、真実の居場所」を提示しているように思います。「浄土」とか「極楽」という世界がそれを表わしていますが、一般的なイメージとかけ離れているかもしれません。しかしお経の中には本当の自分に帰れる場所、真実の依り所として「浄土」「極楽」と説かれています。

 例えば『観経』というお経の中に出てくる古代インドの王妃韋提希(イダイケ)は、本当の居場所を見つけ願った人ではないかと思います。話は「王舎城の悲劇」といわれる事件に出会うことから始まります。韋提希という女性の一人息子が自分の夫、息子からすれば父親を結果的に殺してしまうという、家庭の崩壊が起きるわけです。それだけではなく我が息子から自分までも殺害されそうになり、現実が引き受けられず嘆き悲しみます。

 そしてお釈迦さまがお出ましになるのですが、韋提希はその受け止められない心を全てお釈迦さまにぶつけていきます。私はこのぶつけることができたということは大事なことだと思うのです。ぶつけて初めて見えるもの気付くものがありますが、韋提希の場合も同じように深まっていきます。

 そしてお釈迦さまの教えを通して極楽・浄土を楽(ねが)うという展開になるわけですが、私はここで説かれている極楽・浄土というのは韋提希が本当に求めていたものに気付いた世界ではないかと思うのです。

 仏教を聞くと、考えもしなかったことを考えるようになったり、日頃思ったことのない浄土とか、突然考え始めるというのではなく、人間が本来求めているもの、生まれながらにして探しているものに気付いていく。それを「浄土」・「極楽」といわれるのです。韋提希も王舎城の悲劇をきっかけに、お釈迦さまと出遇い、人が本来帰るべき願うべき世界を見い出していったのです。言い換えれば本当の居場所を見つけ歩み始めたということではないでしょうか。

 私はこれらの韋提希が目覚めていく過程を思う時、お釈迦さまとの出遇いを思うのです。その場所がなければ決して韋提希は真(まこと)の依り所を見つけられなかったのではないでしょうか。

 考えてみれば親鸞聖人も師匠の法然上人との出遇いの場所がありました。記録によると法然上人の所には当時の身分を越えていろんな人が集まって場所を創っていました。激しい討論もあったようです。その場所の中で親鸞聖人は本当に自分が探していた世界に気付かれていかれたのです。法然上人や仲間たちとの出遇いを通して本当に帰るべき世界「浄土」「極楽」を見つけられたのです。それは親鸞聖人が書かれた『教行信証』に  
  「雑行を棄てて本願に帰す」
という回心(えしん)の言葉として表されています。

 今、居場所が求められている状況を思う時、また親鸞聖人の御遠忌をお迎えする状況を思う時、それぞれの現場で場所を開き、関係を開いていくことが求められているのではないでしょうか。

東本願寺の時間

おはようございます。
 今朝も宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌のテーマ「今、いのちがあなたを生きている」をご縁にお話をさせていただきます。

第5回は「人間回復の橋」です。

 私自身ご縁を頂いてハンセン病問題に関わらせていただいているのですが、そのきっかけの一つに明石書店発行の伊奈教勝(いな きょうしょう)さんの『ハンセン病・隔絶40年』という本との出遇いがあります。

 1996年に、いままでの法律が間違いであったとして廃止された「らい予防法」によって強制隔離された著者・伊奈さんが人間解放のメッセージをまとめられたものです。この本を読んで私は岡山県にあるハンセン病療養所に架けられた「人間回復の橋」について考えさせられました。

 そもそも本来全く隔離する必要のなかった人たちを離れ小島に収容したのですが、その療養所と本土との間に1988年橋が架けられたのです。療養所の人たちは人間の権利を取り戻す橋として「人間回復の橋」と名づけました。

ところが真宗大谷派の玉光順正(たまみつ じゅんしょう)という先生は
 「その橋は差別し隔離した側の橋、私たちの橋でもある。そして隔離した人間も隔離された人間も両方同時に回復しないと本当の回復にはならない」と話されたそうです。
それを聞いて伊奈さんは
 「世を捨てたつもりでここにいたが、そうではなかった。自分が本当に人間回復するためには、家族も故郷も回復しないと本当の回復にならない」と気付いたというのです。
伊奈さんは自分なりに回復の橋を架けようと思われたのでしょう。具体的には本名を名告(なの)られました。

しかしご実家の方では伊奈さんの存在が伏せてあって、もうすでにいないことになっていた。しかし名告られたことで岡山県の療養所にいることが分かり、その後親戚家族から受け入れられて、44年ぶりに故郷に帰ることができ、出遇いを果たされました。つまりその時に社会復帰・人間回復をされたのです。

 伊奈さんが故郷に帰ることができてよかったことは言うまでもありませんが、私は本名を名告ることの方に思いを馳せるのです。本名を名告るということは橋を架けるということであり、決して問題が減るわけではありません。それどころか大きな責任と使命を背負うことになるのです。療養所の仲間からも
 「わざわざ何故名告るのだ。今さら何故名告るのだ。」
と諭されたそうです。しかし伊奈さんは
  「一回きりのかけがいのない「いのち」を尽くしたい。」
  「いまのままでは何も変わらない。何もしなければ何も変わらない。」
  「だめだというだけでは変わらない。」
そう思われて本当の自分を名告ったのです。つまり橋を架けるということにいのちを尽くされたのです。

振り返ると、私自身この「橋を架ける」ということを全くしていなかった自分に気付かされました。全部自分の世界に閉じこもっていただけです。例えば差別の問題であれば机上で
  「差別心をどう克服できるか」
と考えていただけでした。
しかしそんなこと100年していても何にも変わりません。伊奈さんが言うように、出遇えばいいのです。出遇うことで初めて始まるものがあるのだと教えられたのです。この本を読んで、現在自分なりに架け橋をかけたいと思い、少しずつ地元のみんなと一緒に場所を創っています。その場所から日々大事なことを深められ教えられています。そういう大事な出遇いをハンセン病問題から学んだことです。

 現在そのハンセン病問題は将来どうするのかという「将来構想」が大きな課題となっています。ハンセン病療養所におられる方の平均年齢が80才近くになりました。今、住んでおられるこの療養所を、地域の医療や福祉に開放していくなどして、これまでの隔離施設を、これからの交流施設にすることが願われ求められています。
 今こそ私たちは手を携えて人間回復の橋を本当の出遇いの橋にしなければならない時ではないでしょうか。

東本願寺の時間

おはようございます。

今朝も宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌のテーマ「今、いのちがあなたを生きている」をご縁にお話をさせていただきます。

第4回は「道を求めるということ」です。

 私のお寺では前住職主宰の「仏弟子入門講座」をしています。この講座は帰敬式・おかみそりを受けていただき、ひとりでも多くの人に仏教を依り所に歩んでもらいたいという願いのもと開かれています。おかみそりは仏弟子・仏さまの弟子になるための儀式で、頭に「かみそり」を3回当てて行います。

 今から10年前に多くの人に混じって元市長のTさんも夫婦そろって受講されました。後日Tさんとお会いする機会があり、その時いろいろとお話を聞かせていただきました。

 おかみそりを受けてよかったという感想をお話してくださったのですが、そのきっかけとなったのが友だちの死だったというのです。若い頃から何をするにも競ってきた仲のいい友だちで、その方が病気で亡くなってしまいました。寂しい思いを持ちながら葬儀に参列したそうです。そのときに亡くなった友だちがおかみそりを受けていたのを目の当たりにして、友だちと同じようにおかみそりを受けたいと思ったそうです。

 そもそもおかみそりは「髻(もとどり)」を切るということなのですが、「もとどり」とは頭の上に束ねた「まげ」のようなもので、いわゆる世間の評判とか損とか得とかに執着する心を表わすのですが、それを切って初めて仏弟子になれるのです。Tさんは亡くなった友だちのおかみそりを見て、私も同じように生きたいと。
 「これからの人生、世間の利害とか評判とかで生きるのではなく、仏弟子になりたい」
と思い講座を受けてくださったそうです。

 またTさんは今まで仏教は難しいと思っていたけれども、講座を受けて当然だったということに気がついたというのです。

 「『もとどり』を切らないで、自分の考えを少しも変えずにそのままで仏教をわかろうというのは、無理な話だった。仏さんをわしづかみにする話だった。『もとどり』を切って、私の考えを切って始めて分かる話だった。分からんことが分かった」
とにこやかに仰っておられました。

 Tさんは想いを持っておかみそりを受けられたのですが、それ以降、お寺にお参りがあると一番前に座って仏教の話を聞かれるようになりました。正直申し上げて世間的に偉い方とか立派な方は、なかなか仏教を聞くということが難しいイメージがありました。しかしTさんはそうではありませんでした。
 『観経』というお経の中に道を尋ねるということについて
 「自ら瓔珞(ようらく)を絶ち、五体を地に投げた」
と表現されています。瓔珞とは豪華な飾りを意味するのですが、この場合地位とかプライドを指します。それらを全て棄てて大地にひれ伏したと説かれています。つまり道を本当に求めるということは全てを棄てることであり、大地にひれ伏すことであると言われるのです。

 しかしながら私はそのことがとても難しいように感じるのです。やってきた経験とかプライドとか、いわゆる自己保身というものがなかなか棄てらないように思うのです。

 しかしTさんは今までの経歴がありますが、前へ座られ熱心に聞いています。それだけではありません。浄土真宗をひらいてくださった親鸞聖人の法要を報恩講といいますが、Tさんの地域の報恩講に行った時に私は住職として1軒1軒回ってお勤めをしなければなりません。その時、Tさんは日本海から吹く寒い風の中、私の前を歩き盾になってくださるのです。そして一軒一軒案内をし、一緒にお勤めをしてくださるのです。

 そういう後姿を見て「お前は偉そうに衣をまとっているが、本気で道を求めたことがあるのか?一度でも身をもって聞いたことがあるのか?」と厳しく問われてきたことです。

 真に道を求めるということはどういうことかをTさんから身をもって教えていただいたことです。願わくば私も同じ道を歩みたいと思っています。

東本願寺の時間

おはようございます。

 今朝も宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌のテーマ「今、いのちがあなたを生きている」をご縁にお話をさせていただきます。

第3回は「おばあちゃんたちとの出遇い」です。

 私事で恐縮ですが、現在多くの人の助けを借りて四つの会を主宰しています。そのうちの一つ、おばあちゃんたちと一緒にしている会があります。

 今から十年ほど前ですが、お互い本音でしゃべれるようにと喫茶店で始めました。最初はぎこちなかったですが、今ではお互い気兼ねなくしゃべっています。このおばあちゃん方はそれぞれお寺で親鸞聖人の教えを何十年と聞いてこられた方ばかりで、話をしていてもいつも教えられています。

すごいと思うのは、ほとんどの方が現在80才を超えているのですが、まず自分の言葉で語っていると言うこと、自分を問い返す力があるということ、よく笑うし感動もされるのです。

 そういうおばあちゃん達と世代を超えて話し合おうと、他の会の2、30代の会と5、60代の会の人たちと、一緒に京都の東本願寺同朋会館という施設で一泊したことがありました。
若い人たちからの感想で
 「80歳になっても悩んでもいいんやね。悩むって大事なことなんやね。おばあちゃんみたいに年をとりたい」
と言っていました。

 そういうおばあちゃん方の中にNさんというおばあちゃんがいました。いつも元気だったのですが、今から7年ほど前でしょうか、病気で入院されました。みんなに尋ねると相当悪いと言うので、とにかく一度会おうと、お参りの帰りにお見舞いに行ったのです。

 お会いするとNさんは大分痩せていて、とても痛々しそうでした。私の顔を見るなり起き上がって、訪ねたことをとても喜んでくれました。挨拶の後、単刀直入にお加減を尋ねると、寝ていても身体が痛いということ、あまり生命(いのち)が長くないことを話してくれました。そしてNさんは
 「のむらさん、人間しまうのも業を果たさないとしまえないのよ。こういう手順を踏まないとしまえないのよ」
というのです。
「しまう」とは私どもの土地の言葉で生命(いのち)を終えるという意味ですが、顔が違うようにみんなそれぞれの生命(いのち)の終え方があるというのです。自分の場合はこのような痛みを経ないと終えていけないと言うのです。

 またNさんは時間によってはとても痛くて念仏を称(とな)える気力も起きないというのです。
しかしそのこと全てが私にとって「教え」だと言うのです。
つまり健康な時はまだどこかで過信していて、自分の本当のすがたはわからない。病気で生命(いのち)を終えそうな時になって初めて自分はこれっぽっちもきれいな心はない。真実の心はないと思い知らされるのだそうです。
だからただ南無阿弥陀仏を頂くしかない。謝するしかないと力強く仰っておられました。病気の 身を通して頷いた真実を語ってくれたのです

 他にもいくつかの言葉を交わしたのですが、Nさんの身を通して語られた言葉は私の胸に深く深く響いてきました。
 病気の身を最後まで自分として生きるということは、とても難しいことだと思うのです。せっかく頂いた「いのち」も最後まで意味を見いだせず、近年では「安楽死」など社会問題となって取り上げられています。

その意味でいのちを全うするというのは大変なことですが、しかしNさんは確かにベッドで生きていました。病気の身を尽くしていました。Nさんを見ていて、私はどんないのちの相(すがた)になろうとも、最後の最後まで自分として生きたい。自分のいのちを真に尽くしたいと思わされたことです。

最後に帰るとき
 「衣を着てよく病院にきたわね。とっても大事なことよ、これからも頑張ってね」
と言われ、廊下にまで出て、ずっと私を拝んでお見送りをしてくれました。

その姿が今も瞼(まぶた)に焼きついています。

東本願寺の時間

おはようございます。
 今朝も宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌のテーマ「今、いのちがあなたを生きている」をご縁にお話させていただきます。

第2回は「形になった言葉」です。

 私の実家のお寺は三重県にあるのですが、北陸を中心に遠方からわざわざ毎月泊りがけで仏教のお話を聞きにこられるようなお寺でした。
子どもの頃から、仏教のお話を聞いている人たちからかわいがられ、近くの温泉や公園へよく連れて行ってくれたことを憶えています。
念仏している人たちに囲まれながら育った私ですが、しかしある時期から育った環境に対して反発するようになりました。
「なぜ念仏なんかしなければならないのか」
「念仏をして何の意味があるのか」
と周りを見てずっと感じていました。
そのことが私の中で問いとなったのです。

「なぜ念仏なのか?」
現在もその問いは私の中で持ち続けていますが、いま少し思うことは「代われないという問題があるからではないか」と思っています。
代われないとは、たとえ我が子であったとしても決して代われない。本人の問題は本人が乗り越えていかなければならない問題があるのです。どんなに可愛くても「往生は一人一人のしのぎ」です。

 その例えがお釈迦さまの「四門出遊」のお話ではないでしょうか。「四門出遊」とは四つの門から出て遊ぶと書きますが、お釈迦さまが東西南北の4つの門から出て出会われたエピソードをいいます。

お釈迦さまは幼少の頃より物思いにふけることが多かったと言われていますが、それを国王であるお父さんや周りの人たちが、少しでも悩ませないように、嫌な思いをさせないようにと、「権力」と「財力」を使って徹底的に問題を取り除こうとするわけです。

 しかしそれでも直面した問題が、生まれたという事実から「老・病・死」―老い、病、死ぬ―いのちあるものは同じ姿を保つことはできないという問題です。この問題だけは親がどれだけ愛情いっぱいに我が子を守ろうとしても出会わなければならない本人の問題です。

ある意味この本質的な問題を乗り越えないと、たとえ境遇として恵まれていても、このいのちを本当に輝かすことはできません。だから念仏なのだと私は思うのです。

念仏というのは念仏したからといって良いことが起きるわけではありません。しなかったからといって悪いことが起きるわけでもありません。しようがしまいがご縁がくれば待ったなしなのですが、ただ違うことは昔の人を見ていると出遇ったことを縁に目覚める生き方をされていたと思うのです。

たとえば病気でも「娑婆はこんなものや。オレだけでない」と思う人もいれば、それを縁に道を求められた人もいるのです。どちらを生きるかは本人の問題です。できれば目覚める生き方をしてほしいと、無数の人の願いが念仏となって私たちに届けられているのです。

しかし私はそういう世界に触れるまでは、念仏の声も、夏に鳴くセミの声も同じように思っていました。ただうるさいだけでないかと・・・。しかしそうではなかったのです。念仏には深い願いが込められていたのです。

それだけではありません。念仏には「老・病・死」―老い、病、死ぬ―の課題を乗り越えて生きた人の歴史が厳然とあるのです。

つまり南無阿弥陀仏という言葉は単なる言葉ではなく「歴史」と「願い」が「形にまでなったもの」なのです。その世界を「どうか尋ねてほしい。たった一つしかないこのいのちを尽くしてほしい」と私たちは念仏から、無数の人たちから願われているのです。

そう思うと私自身小さい頃から多くの人に可愛がられ「念仏してね」と勧められてきたわけですが、今はその人たちの願いに真向かいになって、少しでも歩んでいければと思っています。

東本願寺の時間

おはようございます。
 今日から6回にわたって、来る宗祖親鸞聖人の七百五十回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」をご縁に、日頃教えられていることをお話させていただきます。
第1回は「悩むは大事」です。

 私自身、大学で仏教を学び始めてから26,7年経ちますが、最近つくづく思うことがあります。それは「悩む」ということはとても大事なことだということです。「お前は一体何を学んできたのか」と自問自答するとき「悩むことは本当に大事なことであり、そのことを一つハッキリした」と言っても言い過ぎではないと思っています。

 今から15年ほど前のことですが、あるお家にご法事にいきました。十七回忌のご法事でした。亡くなられたのはそのお家の子どもさんで、当時高校生だった息子さんが事故で亡くなられました。ご法事の後にお母さんとお話をしたのですが、事故のことや今の気持ちを語ってくださる中で、地元の新聞に連載されていた「一期一会」というコラムをたまたま目にした話をしてくださいました。執筆者は私どもと同じ宗派である真宗大谷派のM先生だったのですが、
 「読み終えたとたんに熱いものがこみ上げて、涙が出て止まらなかった」
というのです。それからそのお母さんはそのコラムをスクラップにして、大事に大事にしているとのことでした。

私はその姿を見て教えられたのですが、もし子どもさんを亡くすということがなければ、きっとM先生の言葉に出遇うということもなかったのではないかと・・・・

つまり十数年間現実が引き受けられなかった年月が言葉に遇わせたのでないかと感じたのです。
たとえ同じ日に同じ物を読んだとしても、子どもさんを亡くすということがなければ決して出遇えなかったのではないか。
お母さんの深い悲しみが言葉に遇わせたのだと思わせられたことです。

 その後お母さんはご縁のあったお寺で真宗のお話を聴き続けられたのではないでしょうか、二十五年のご法事にお参りをさせていただいた時には
 「息子の死は南無阿弥陀仏に遇うためでした」
と涙ながらに仰られていました。
今も大変印象に残っているのですが、その言葉は決して息子さんの死が悲しくなくなったというのではないのです。
二十数年悩み苦しんできたことが「真実のいのちを訪ねる歩みであった」「大切なことを知るご縁であった」というのでしょう。言い換えれば息子さんをご縁に自分が本当に求めていたもの、探していたものに、気づかされたのではないかと思うのです。そのことが「息子の死は南無阿弥陀仏に遇うためでした」という言葉となったのです。

 お母さんを見ていると、問題に遇わない方がいいことは言うまでもありませんが、確かに問題によって歩まされ、励まされている事実を思うのです。

それまで私は問題を解決して助かると思っていました。不安なら取り除かれて救われると思っていました。
しかしそうではなく、問題こそが私自身を目覚ます唯一の手がかりであることを思わされます。つまり問題があるがゆえにこの「私」を立ち止まらせ、揺り動かし、「お前の生き方はこれでいいのか」と問われるのです。
そしてお母さんのように真実を求め、探す力となるのです。その歩みが、季節が来れば花が開くように、自然と真実の言葉に遇わしていただくのではないでしょうか。

 思えば私自身コンプレックスから現実の自分がなかなか引き受けられず今日まできました。今もコンプレックスは消えることなくありますが、しかしそれが私自身なのです。その私だから多くの言葉や人との出遇いを頂戴してきたように思います。これからもいろんなことに出会っていくのでしょうが、このお母さんのように問題を縁に道を尋ねていきたいと思っています。

念仏した人がすごかった

最近自分の中で、何故こうやって曲がりなりにも仏教を勉強しているのかなと思うと、

「念仏した人がすごかった」

からではないかと感じるのです。

ややもすると浄土真宗の持っている普遍性・真実性のみに心を奪われてしまう部分もありますが、本質はそうではないのでしょう。

親鸞は「教巻」に浄土真宗の教えを述べていますが、イメージとしては48願などの理屈や教義が記述されているように思われる方も多いと思います。

そうではなく、お釈迦さまと弟子の阿難との出遇いが記述されています。つまり理屈ではなく、出遇いの事実をもって教えとしているのです。

思えば人は正しいからとか道理が通っているから信じるのでありません。

「教巻」にあるように感動したり、ビックリしたり、自分の思いが破れるような出遇いに触れて、惹かれ求めるのです。

その全体を教えとして述べられているのです。

自分も思えば過去も含めて、すごい人だなぁとかこんな生き方したいなぁ、と思わせられた人に出遇ってきましたが、そんな人がたまたま念仏していたのです。

念仏の道理だけでここまで歩ませられてきたのではありません。

その人たちに魅力を感じ、ここまで歩ませられたのです。

わかるけどでもね

JUGEMテーマ:日記・一般
 僕は子どもたちからムチャクチャ好かれたいと思っていますが、現実はなかなか難しいです(笑)

近所の方ですが、娘が20才を越えて、一緒に仲良くお酒を呑んだり、仲よさそうなのを見ると、あんな風にならないかなぁいつも思います(笑)

しかしあるとき友人の子ども(中学生)に
「娘は一時的に、父親のにおいとかを拒否反応示すようにできている」
「そうしないといわゆる近親相姦のようになってしまい、その種族が絶滅の危機に瀕してしまう」
「つまり種族保存という本能のため嫌うようになっている」
と淡々と説明されてしまいました(^_^;)

なるほど本能なら仕方がないと思ってしまいましたが、でもね・・・(笑)


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:92 最後に更新した日:2012/08/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM